筆者、この業界にお世話になって20年が経とうとしています。今の現場までお世話になった企業を数えてみると20社ありました。20年も経てば、道具として使っているコンピュータもどんどん進化していくので、その進化に追いつきながら、毎回出てくる新しい言語・データベース・技術・設計思想などを吸収しながら日々経験を積んでいます。

目まぐるしく変わる現場環境ですが、私がどの現場に参画しても、必ずはじめに行う事は「どのドキュメントがどこにあるのか」を明確にする事です。

そのため、私はあらかじめExcelマクロを準備しておき、ドキュメント格納ディレクトリのファイル一覧を取得し、どんな資料が格納されているのかのアタリをつけておく事をまず行います。

先にどんな資料が格納されているのかを知っておけば、有効に利用できる可能性が高くなります。

よろしかったら、私が使っているExcelマクロを公開します。ご活用ください。